添付ファイルテスト

BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc
Dec 1 02:28 [raw]

CLIから添付ファイルを送信するテスト。単なるテキストファイル。 <!-- Note: File attachment below. Please use a base64 decoder, or Daemon, to save it. --> <!-- Sent using Bitmessage Daemon. https://github.com/Dokument/PyBitmessage-Daemon --> Filename:attachment Filesize:0KB Encoding:base64 <attachment alt = "attachment" src='data:...

BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc
Dec 1 05:35 [raw]

attachment アタッチメント てすと

BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc
Dec 1 05:35 [raw]

添付ファイルのテストを自分宛に行ってみましたが、どうやら150KB前後が限界のようです。200KBは送信できませんでした。 また、CLIから添付ファイルを送信するといっても、結局は単純にBase64エンコードしたものをメッセージとして貼り付けているだけ(現在のメールでもそうですが) なのでGUIでも同じことができます。 でも150KB程度の制約があるなか、添付ファイルの送信は役に立つのでしょうか?かろうじて小さな小さなOfficeDocumentやPDFくらいなら送れるのかな。 CLIで動かすのはなかなか楽しいです。やれることはGUIと一緒ですがSSH経由で叩いて操作できるので手持ちのスマートフォンから遠隔操作したり、引き出したデータをメールやTwitterに送信したり、またその逆方向もできそうです。

BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc
Dec 1 05:48 [raw]

今のところ、プロトコル上、 Bitmessage のオブジェクトのサイズの上限が 2^18 = 262144 byte = 256 kB に制限されています。 この制限の中に、メッセージの本体の他、オブジェクトヘッダと暗号化と署名のデータも含まれます。 https://www.bitmessage.org/wiki/Protocol_specification#object Base64 エンコードすると、内容に使える容量はさらに減りますね。

BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc
Dec 7 13:20 [raw]

<!-- Note: An image is attached below --> Thunderbirdから添付 <!-- Email sent from bmwrapper --> <!-- https://github.com/Arceliar/bmwrapper --> <img alt="0-02-08-217e0c5e0b43d637cf3760495c46396524eed1e5d363dc02ab3b58568cc372ca_full.jpg" src="data:..." />

[chan] Bit_Message_JA
BM-2cT7XHTa1L1iCiGVdg8AezKnnJf36yHmGc